デル(郡信一郎社長)は、2月5日、日本市場に向けてDell SecureWorksの情報セキュリティサービスの提供を開始したと発表した。

 Dell SecureWorksは、2011年2月にデルが買収した情報セキュリティサービスベンダー。今回、日本市場に向けて、「セキュリティ&リスクコンサルティング(SRC)サービス」、「マネージドセキュリティサービス(MSS)」、「セキュリティ上の脅威分析サービス」を提供する。

 「SRC」では、ユーザーがビジネス上のセキュリティリスクを効率的・効果的に管理できるよう支援。軍隊や政府、法執行機関、研究機関、民間企業などで経験を積んだセキュリティのエキスパートが、インシデント対応、戦略的な研修、コンプライアンスなどのコンサルティングを行う。

 「MSS」では、Dell SecureWorks独自の監視技術やグローバル規模で収集した脅威情報にもとづいて、セキュリティ管理の技術認定資格をもつ専門家が、24時間365日ユーザーを保護する。具体的には、セキュリティモニタリングやIDS/IPS管理、ファイアウォール管理、ログ管理などのサービスを提供する。

 「セキュリティ上の脅威分析サービス」では、グローバルで発生する新たな脅威やゼロデイ攻撃を調査チームがリアルタイムで分析し、早期警告や実用的な対策情報をユーザーに提供する。

 ソリューション・サービス・デリバリー統括本部長の諸原裕二執行役員は、「Dell SecureWorksは、世界の71か国でサービスを展開し、約3000社のユーザーを抱えている。とくに海外に拠点を持つユーザーからは、高い評価をいただいている」とした。

ソリューション・サービス・デリバリー統括本部長の諸原裕二執行役員

 なお、デルは、今回提供するサービスについて、価格構成や人員配置は明らかにしていない。(真鍋武)