ATENジャパン(劉維賢代表)は、5月7日、IP-KVMスイッチシリーズ「KVM Over the NET」の新製品として「KN1108v/KN1116v」の2機種を発売した。

 ローカルとリモートの各1ユーザーが8/16台のサーバーを操作できるIP-KVMスイッチ。従来のIP-KVMスイッチでは、1600×1200の解像度が最大だったが、新製品では1920×1200の解像度を実現。リモート画面の遅延を解消して滑らかに表示したり、使用帯域や画面の情報量を検出して画質を最適化したりすることで、遠隔からでもストレスを感じることなく操作できる。

 リモート側の出力画面を格子状に分割し、KVMスイッチ配下のサーバーコンソールを複数同時に表示する「パネルアレイモード」機能や、リモート側のコンピューターに接続されたUSBフラッシュメモリ、DVD、CD-ROMなどのメディアを製品配下のサーバーにマウントすることができる「バーチャルメディア」機能を搭載する。

 電源ソケットとネットワークインターフェースは、各2ポートを搭載。電源とネットワークを二重化することによって、障害によるサービス停止のリスクを減らし、常時稼働するシステムの安定した運用を実現する。価格はオープン。