ATENジャパン(劉維賢代表)は、3月8日、単体で最大9か所のコンソールポートから別々のサーバーに同時アクセスできるマトリックスKVMスイッチ「KM0932」「KM0532」と、これらの製品とのデイジーチェーン接続用ポート拡張ユニット「KM0032」の計3機種で、新機能追加バージョンを発売した。また、これらに対応するコンピュータモジュールの新製品として、スマートカードリーダー対応「KA7177」とデュアルバス対応「KA7178」の計2機種を同時に発売した。

 「KM0932」は単体で9コンソールまで利用できるが、新機能追加バージョンでは、コンピュータモジュール「KA7178」をそれぞれ2台の「KM0932」のPCポート側に接続することによって、最大18(9×2)コンソールまでのユーザー数の増設に対応した。

 コンソールの接続に使用するコンソールモジュール「KA7230」「KA7240」のライン入力ポートにマトリックスKVMスイッチをそれぞれ接続し、サーバーはデュアル出力対応のコンピューターモジュール「KA7178」で接続することで、サーバーへのパスを二重化することができる。片方のパスが利用できなくなると、自動的にもう片方のパスに切り替えるので、操作が中断されることがない。

 KMシリーズV2.0.192以降のファームウェアバージョンでは、コンソールとポートをグルーピングすることができる。これによって、マルチヘッドのビデオ出力に対応したサーバーもマトリックスKVMスイッチの配下に組み込んで管理することができるようになる。

 税別価格は、「KM0932」(9ユーザー/32ポートマトリックスKVMスイッチ)が84万円、「KM0532」(5ユーザー/32ポートマトリックスKVMスイッチ)が53万円、「KM0032」(デイジーチェーン接続専用ポート拡張ユニット)が78万円、「KA7177」(バーチャルメディア・スマートカードリーダー対応USBコンピュータモジュール)が3万1000円、「KA7178」(デュアルバス・バーチャルメディア・オーディオ対応USBコンピュータモジュール)が3万8000円。