サイボウズ(青野慶久社長)は、モバイル・インターネットサービス企業のディー・エヌ・エー(DeNA、守安功社長兼CEO)が、全世界にいる2000人以上の社員が利用するプロセス管理ツールとして、サイボウズ独自開発のクラウド基盤「cybozu.com」上で提供する業務アプリケーションクラウド「kintone」の採用を決定したと発表した。

 DeNAは、プラットフォーム、ソーシャルゲーム、eコマースなどを中心にさまざまなサービスを展開しているモバイル・インターネットサービス企業。ビジネス領域は日本にとどまらず、米国や中国・韓国・シンガポール・スウェーデンなど、グローバルにビジネス・ゲーム開発拠点がある。各国の拠点間を横断した業務や相互コミュニケーションが活発になるにつれ、システム利用申請をはじめとして、さまざまな業務の依頼や案件の状況共有をグローバルで迅速に行うことが課題となっていた。そのため、グローバルの拠点で働く社員がワンストップで利用できるプロセス管理ツールを必要としていた。

 DeNAは、誰でも簡単に操作できる点、日々変化する業務に迅速に対応できる点、アカウント管理の自動化やデータ連携の開発が柔軟にできる機能が用意されている点、多言語対応、高いセキュリティ基準を兼ね揃えている点が決め手となり、グローバルでの業務プロセス管理ツールとして「kintone」の導入を決定した。