サイボウズ(青野慶久社長)は、「メールワイズ」のクラウド版、パッケージ版をアップデートし、9月9日に発売した。

 アップデートでは、楽天が提供するセキュアサービス「楽天あんしんメルアドサービス」に対応。楽天市場を通して受信するユーザーのメールを本来のメールアドレスとは別のメールアドレス(マスクアドレス)に変換し、専用サーバーを通さなければ、メール送受信ができないようになる。

 また、メール一覧画面上に「メールの本文表示」と、メール対応の状況などを示す「メール情報表示」のオン/オフができるようになった。メールの一覧画面から不要メールか否かをすぐに判断・削除できるので、作業効率が向上する。

 さらに、新しく追加された「キーワード検索」と「検索履歴」で、メールの検索が容易になった。メール検索機能で細かい条件を設定する作業から解放される。