サイボウズ(青野慶久社長)は、4月10日、業務アプリ構築クラウド「kintone」をプラットフォームとした開発をサポートするコミュニティサイト「cybozu.com developer network」を開設した。

 「cybozu.com developer network」は、「kintone」の開発に関してメンバー同士でやりとりができるコミュニティサイト。2013年7月に開設した技術情報サイト「cybozu.com developers」を拡張したもので、エンドユーザー、SIerを問わず、すべて無料で利用することができる。

 「cybozu.com developer network」にメンバー登録すると、「kintone」の開発者ライセンスを取得できる。開発者ライセンスでは、ユーザー数2、ディスク容量4GBの環境を1年間利用することができる。

 サイボウズは、「cybozu.com developer network」の開設に伴い、4月13日に実施する「kintone」アップデートで、カスタマイズやAPIを中心とした機能拡充を行う。HTMLを記述して一覧画面をカスタマイズできる「カスタマイズビュー」や、アプリへのCSSファイル適用機能などを搭載し、より柔軟に画面設計できるようにした。また、APIに新たに九つの機能を搭載し、より高度なシステムの構築ができるようになる。