オーリック・システムズ(オーリック、幾留浩一郎代表取締役CEO)は、4月21日、ビッグデータを活用する際に不可欠となるクレンジング、関連づけ、サマライズなどの煩雑な事前処理を超高速で行うソフトウェアエンジン「Essentia(エッセンシア)」をクラウドサービスとして提供を開始した。

「Essentia」クラウドサービスのイメージ

 オーリックが開発したビッグデータ処理プラットフォーム。多様なログの高度なマーケティング分析を超高速・低コストで実現する。圧縮ファイルを直接解析でき、従来のクレンジングなどの前処理やデータベースへの読込み処理を大幅に省略。インメモリ処理や並列処理の、より高度な集計分析も高速で行う。

 10TB(数百億件)のログを、圧縮された生ログファイル状態から読込み解析する全行程を1時間以内に実現した例や、Hadoopとのベンチマークテストで100倍以上の解析速度を出した例などがあるという。

 「Essentia」のクラウドサービスは、導入初期のデータ集計設定サービスを含め、アマゾンウェブサービスで提供する。税別利用料金は月額30万円から。