オーリック・システムズ(幾留浩一郎社長)は、ウェブのアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics(RTメトリックス)」をSaaS(Software as a Service)方式で提供する「RTmetrics SaaS Edition」の発売を開始した。月間50万-500万PV規模の中小規模サイトを運用するユーザ向けに販売する。

 ウェブページにタグを埋め込みアクセスログを収集する方式を採用。ウェブサイトに一定時間以上滞在したユーザーや、リスティング広告から訪れたユーザー、コンバージョンページを通過したユーザーなど、「流入元」「検索ワード」「入口ページ」「通過ページ」「滞在時間」「新規/リピート」などから任意の抽出条件を設定し、条件ごとにユーザ行動傾向を分析できる。

 また、アクセス解析に不慣れなユーザでも使いこなせるようレポート機能を充実させた。レポート機能では、「現状把握」「課題解決」「詳細分析」「広告効果」などの項目があり、解析レベルと目的に合わせて選択できる。

 例えば、「現状把握」レポートは、解析ノウハウが組み込まれたレポートパーツ群で構成。基本的な解析テーマに沿ったレポート機能にした。「詳細分析」レポートの場合では、任意の視点で細かく掘り下げてデータを分析することが可能。

 サイトの規模、解析項目の設定数などに合わせ「エントリープラン」「スタンダードプラン」「パワーアッププラン」のメニューを用意した。初期費用は税別で20万円、月額利用料は税別で10万円から。オーリックでは初年度で150社の利用を見込む。