オーリック・システムズ(幾留浩一郎CEO)は、クリックテック・ジャパン(垣田正昭社長)とOEM契約を締結したことを発表した。クリックテックのインメモリ型BI(ビジネスインテリジェンス)ツール「QlikView」を、リアルタイムウェブアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics」に組み込んで、「RTmetrics BIQQ」として提供する。

 「RTmetrics BIQQ」は、今年11月リリース予定の新バージョン「RTmetrics V9」のオプションとして提供する。従来のように、ウェブアクセス解析ツールで収集したデータをBIツールに受け渡す方法とは異なり、「RTmetrics BIQQ」は「RTmetrics」によるウェブアクセス解析の一連の作業中に連携できる。ウェブアクセスログを売上げ、顧客、商品に紐づけて、予算実績や前年比など、ビジネスに直結したフォーマットで活用できるよう、約30種類の業務テンプレートを提供する。

 ウェブアクセス解析ツールに「QlikView」を採用するのは、オーリック・システムズが初めて。(信澤健太)