イノーバ(宗像淳代表取締役)は、11月18日、コンテンツマーケティング運用に特化したクラウド型ソフト「Cloud CMO」で、経験豊かなライターによる良質なコンテンツをワンセットで提供する「コンテンツマーケティング スタートパック」を発売した。

Cloud CMO

 「コンテンツマーケティング スタートパック」は、コンテンツ制作に悩んでいる「Cloud CMO」契約企業をサポートする新プラン。税別月額15万9800円からで、希望ジャンルのコンテンツを100本納入する。

 新プランの提供によって、「コンテンツをどのように制作するか」という学習機会だけでなく、契約当初に「コンテンツそのものを提供する」ことで、「Cloud CMO」を活用したコンテンツマーケティングの早期立ち上げをサポートする。

 コンテンツ制作に不慣れなマーケッターにとっては、コンテンツ納入期間中に、スタートアップ講座で習熟を目指すライターが良質なコンテンツに触れる、その運用を通じて見込み顧客獲得に着手できるなど、さまざまなメリットを得ることができる。

 「コンテンツマーケティング スタートパック」のコンテンツは、イノーバのディレクションの下、約1300人の登録ライターのなかから、とくにジャンルに精通したライターを選抜し、作成。企業のコンテンツマーケティング運用支援を通じて得たノウハウが生きるコンテンツを納入することで、成果創出をサポートする。

 イノーバは、「コンテンツマーケティング スタートパック」の販売によって、ソフトウェアとコンテンツの双方の提供体制を構築し、2015年3月末日までに導入企業300社を目指す。