ロシアのITセキュリティ・ソリューションベンダーDoctor Web Pacific(Doctor Web、菅原修代表)とチエル(川居睦社長)は、1月15日、セキュリティ・ソリューション「Dr.WEB」販売パートナープログラムを開始した。

 ロシア国防省や政府機関をはじめ、世界中の国際企業に導入実績があるDoctor Webの日本国内文教市場での本格参入にあたり、チエルは独占販売権を取得。2011年から「Dr.WEB」を学校現場に導入してきた。

 チエルとDoctor Webは、すでにチエル製品を取り扱っている販売パートナー、販売を検討中の企業に、「Dr.WEB」を効率よく販売してもらうための技術的な製品情報と営業支援策をとりまとめた「Dr.WEB」販売パートナープログラムを提供する。

 プログラムでは、100ライセンスから対応する高等教育機関向け包括ライセンスを提供。ライセンスは、学内の端末台数や端末種別に関係なく、学生と教職員数でカウントする。また、技術支援・営業支援・販売促進・ポイント制度の四つの方向から、販売パートナーを支援する。

 「Dr.WEB」販売パートナープログラムの開始に合わせて、購入した包括ライセンスと同数の無料シリアルキー発行キャンペーンを12月31日まで実施する。1000以上の高等教育機関向け包括ライセンスを購入した顧客を対象に、学生へ配布できるシリアルキーを購入ライセンスと同数提供する。