日立製作所(日立、東原敏昭社長)は、日立のクラウドサービス提供拠点である「Hitachi Cloudセンタ」とマイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure(Azure)」を高速・安定的に接続するネットワークサービス「クラウド間接続サービス for Microsoft Azure」の提供を、1月15日に開始した。

 「クラウド間接続サービス for Microsoft Azure」は、1月15日にマイクロソフトが国内提供を開始したAzureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」に対応して、「Hitachi Cloudセンタ」とAzureの専用線接続を可能にするもの。これにより、日立が運用管理するマネージドクラウドとAzureをシームレスに、セキュアに相互利用することが可能となり、多様化する顧客ニーズに対応したフェデレーテッドクラウド環境を実現する。

 具体的には、「Hitachi Cloudセンタ」とAzure間を支えるネットワークとして、専用回線とネットワーク機器を冗長化したネットワーク環境を提供する。また、日立は、Azureと連携したクラウド環境を、コンサルティングから設計、構築、運用までワンストップで提供していく。

 税別価格は、月額が50万円から、一時金が15万円から。日立では、今後も高信頼、高セキュリティなクラウド基盤の提供と、Azureをはじめとした多様なクラウドサービスとの連携を強化することで、フェデレーテッドクラウドを実現する関連サービスの開発を進め、顧客のビジネスイノベーション創出を支援していく。