NTTデータ(岩本敏男社長)は、OSS統合運用ソフトとして公開している「Hinemos」で、マイクロソフトのパブリッククラウドサービスであるMicrosoft Azure(Azure)を利用したシステムを簡単に管理できる「Hinemos クラウド管理オプション Standard for Azure(クラウド管理オプション Standard for Azure)」の提供を、10月6日に開始した。

 「Hinemos」が標準でもつ監視・ジョブ管理機能に加え、Azure上に構築したシステムを効率よく管理するオプション製品。拡張性の高いパブリッククラウドサービスであるAzureで、サーバーリソース・構成の変化に自動的に追随したシステム監視やジョブ実行ができるほか、システムの稼働状況をもとにした需要分析からサーバー増設、バックアップ管理まで、システムライフサイクルの一元的な制御ができ、クラウド環境に関わる運用コストを削減できる。

 また、マイクロソフトの仮想化基盤ソフトウェアであるHyper-V環境の自動運用を支援する「Hinemos VM管理オプション(Hyper-V)」の自動検知機能を強化し、仮想マシンの属性に合わせた監視やジョブの自動運用をより簡単にできるようにした。この二つのオプションによって、AzureとHyper-Vを組み合わせたハイブリッドクラウド環境でも、簡単に一元的な運用管理を実現する。

 NTTデータでは、「Hinemos」のパートナー各社とともに、仮想化やクラウドなどの先進的なIT技術を利用する際に求められる運用要件への迅速な対応と、運用コスト低減につながる「Hinemos」の機能・ソリューションを開発・提供していく。今後、「Hinemosパートナープログラム」とオプションの提供、NTTデータが提供するクラウド基盤を含め、さらに「Hinemos」の普及を図ることで、年間10億円の売り上げを目指す。