ティントリジャパン(河野通明社長)は、2倍以上の容量拡張が可能なストレージの新製品として「Tintri VMstore(ティントリ ヴイエムストア)T800シリーズ」を1月15日に発売した。

 圧縮前と比較して、論理実効容量を2倍以上に拡張することによって、容量あたりの単価を50%に低減している。仮想化環境の規模に応じて論理実効容量が100TB(テラバイト)の「T880」をはじめ、66TBの「T850」、23TBの「T820」の3モデルを用意した。ハイエンドモデルのT880は、前機種と比較して同じきょう体サイズでありながら3倍のデータを保存できる。これにより、42Uサイズの1ラックに最大で1PB(ペタバイト)の容量、加えて140万IOPSの性能まで拡張が可能で、3万5000の仮想マシンが最小限の設置面積で稼働する。

 また、最新のオペレーティングシステム「Tintri OS 3.1」については、データの災害対策の自動化や暗号化などを強化。「REST API SDK」によってワークフローの自動化を実現し、強固な暗号化処理を行う「AES-256」に対応した暗号化機能の「SecureVM(セキュアヴイエム)」でパフォーマンスや容量効率を維持しながらセキュリティを確保することができる。

 さらに、「SRA(Tintri Storage Replication Adapter)」の提供でヴイエムウェア製ディザスタリカバリソフト製品「VMware vCenter Site Recovery Manager」と、ティントリが提供するレプリケーション機能の「Tintri ReplicateVM(ティントリ レプリケートヴイエム)」を連携。任意のVMをグルーピング化して、その単位でレプリケーション動作やフェイルオーバーとフェイルバックの自動化が可能となった。

 他社の製品を含めて、これまでのストレージ機器は仮想化ワークロードの特殊な要求を満たすことが難しかっただけでなく、複雑な構成、過剰なプロビジョニング、継続的な最適化と管理が必要だった。このような問題を「Tintri VMstore T800」が解決する。

 ティントリジャパンでは、販売代理店やOEMパートナーとして、東芝ITサービス、ネットワンパートナーズ、ノックス、富士通、富士通エフサス、丸紅情報システムズ、ユニアデックスを確保している。加えて、今回の製品を発売するにあたって、ネットワールドを販社として獲得した。販社の増強によって、拡販の体制を整えた。(佐相彰彦)

Tintri VMstore T800シリーズ