データ分析のアクティブコア(山田賢治社長)は、クラウド上でビッグデータを分析するコアエンジン「activecore marketing cloud(アクティブコア マーケティングクラウド)」の販売を、3月末から始める。

「activecore marketing cloud」の概要

 同エンジンは、ERP(基幹業務システム)やCRM(顧客関係管理)などのデータを、統合し分析するクラウドベースのシステム。分析したデータは、広告やDM(ダイレクトメール)、SFA(営業支援システム)などに用いながら、営業活動を支援する。同社では、初年度20社への納入を目指す。