さくら情報システム(入江昭彦社長)は、3月10日、CommVault Systems Japan(大越大造エリアバイスプレジデント)のデータ統合管理ツールSimpanaを導入し、その特徴を生かした新しいリモートバックアップサービス「オンデマンドファイルバンク」の提供を、4月末の予定で開始すると発表した。システムの提案と構築支援は、CommVault製品のディストリビュータであるネットワールド(森田晶一社長)が行った。

オンデマンドファイルバンクのイメージ

 Simpanaは、データ保護・管理機能を単一のユーザーインターフェースに集約するソフトウェア。今回のオンデマンドファイルバンクは、Simpanaの特徴を生かしたリモートバックアップサービスで、マルチテナント機能により、顧客ごとにWebベースの管理画面を提供し、顧客自身でバックアップ/リストアの操作ができる。これによって災害時などに、さくら情報システム側にリストアを依頼する必要はなく、また、システム担当者の出社が困難な場合でも、24時間オンデマンドで復旧作業を行うことができる。

 さらに、オンデマンドファイルバンクでは、リモートからバックアップデータを参照することができる。これにより、A支社のバックアップデータをB支社がダウンロードすることもでき、支社間でのデータ共有など、柔軟なデータ保護・管理が可能となる。また、ログイン情報、バックアップ/リストア実行履歴などが、ログとして記録されるため、監査対応としても有効となっている。

 Simpanaは、重複排除機能により、データ量を抑えてネットワークトラフィックを削減することで、既設のインターネット回線でデータを送受信することができる。これにより、オンデマンドファイルバンクの顧客は、専用の回線やネットワーク機器を新設する必要がなく、顧客のサーバーにエージェントを導入するだけですぐにBCP(事業継続計画)を実行できる。

 オンデマンドファイルバンクのマルチテナント環境は、さくら情報システムの旧銀行システムセンターとして設計・施工され、FISC(金融情報システムセンター)安全対策基準に準拠したセキュアなデータセンターにある「仮想化ホスティングサービス」に構築する。さくら情報システムは、40余年にわたり銀行や銀行グループ会社のデータを預かっており、それら長年のノウハウを生かしたシステム運用を行っている。

 税別価格は、初期費用が10万円 (現地でエージェントインストール/バックアップ設定)、月額料金は保存容量50GBが5000円、100GBが1万円、150GBが1万5000円、200GBが2万円、500GBが5万円。以降増加分は50GBあたり5000円。