日立製作所(東原敏昭社長兼COO)と日立ソリューションズ西日本(新美雅文社長)は、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、柴戸隆成社長)に内部監査支援システムを導入し、3月23日にグループ3行(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)で稼働を開始したと発表した。

 今回の内部監査支援システムは、日立ソリューションズ西日本の統合監査支援システム「監明 AI:Audit Integrate(監明 AI)」を活用し、構築したもの。監明 AIは、内部監査業務に関する情報収集機能や文書作成機能などを通じて、金融機関内の監査計画の立案、実施、結果の統計・分析まで、一連の業務プロセスを総合的に支援する。

 内部監査支援システムでは、FFGでの内部監査の実効性を向上するとともに、従来以上に適切性・健全性の高い監査業務を実現し、顧客への安全・安心なサービスの提供を可能にする。具体的には、監査担当部署での監査実施計画の立案や監査担当者別のスケジュール表の作成などを支援。また、過去の監査結果やその他のモニタリング項目をもとに、リスク要素を数値化・リスト化するリスクアセスメント表の作成が可能となる。

 監査項目に対応したマニュアルを閲覧できるほか、被監査店に対する指摘事項の定型化により、業務の平準化と効率化が可能となる。監査実施後には、指摘事項に関する被監査店での対応状況を登録することができる。また、簡易な操作で定型的な統計・分析帳票を作成できる「データ抽出機能」を搭載。同機能により、監査実施状況の推移や指摘項目・監査結果の統計データを見える化することができる。