ディアイティ(下村正洋社長)は、11月26日、クライアントPCの操作ログを監査証跡として取得するソリューション「Log Audit Tracker」に、サーバーの証跡を取得する「Log Audit Tracker Server Edition」を新たに追加し、「Log Audit Tracker 監査ソリューション」として、2015年1月1日に発売すると発表した。

「Log Audit Tracker 監査ソリューション」の構成図

 新たに追加した「Log Audit Tracker Server Edition」は、BYOD(個人端末の業務利用)の潮流や、タブレット端末などの業務利用が増加して、多種多様なクライアントがファイルサーバーにアクセスできるような状況で、重要なファイルアクセスを見逃すことなくアクセス証跡を取得する。Windows Serverはもとより、Linux(Samba)で構築したファイルサーバーや、Enterprise NASとしてEMC VNXシリーズ、VNXeシリーズもサポートし、あらゆるファイルサーバーシステムに適応する。

 また、Active Directoryのユーザー変更や、ポリシー変更の証跡も取得できるので、アクセス環境の変化も把握できる。さらに、従来のSCCM/SCOM環境だけでなく、Active Directoryのみの環境でもシステム構築ができ、多様なユーザー環境で利用できるようになった。

 「Log Audit Tracker 監査ソリューション」は、「Client Edition」と「Server Edition」が独立して機能するだけではなく、それぞれが取得した情報を透過的にReport Managerで一元管理できる。収集したさまざまなイベントは、「Report Manager」によってグラフィカルに表示し、「いつ」「誰が」「何に対して」「何をしたか」を容易に追跡することができる。

 初年度ライセンスの価格は、「Log Audit Tracker Report Manager」が36万円、「Log Audit Tracker Mediator」が10万円。サブスクリプションは、「Log Audit Tracker Assistant Client Edition」が1200円から、「Log Audit Tracker Assistant Server Edition for FS」が6万円から、「Log Audit Tracker Assistant Server Edition for AD」が8万円、「Log Audit Tracker Assistant Server Edition for Linux」が4万5000円から、「Log Audit Tracker Assistant Server Edition for VNX」が4万5000円から。ディアイティは、1年間で1万サブスクリプションの販売を目標としている。