京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、デジタルマーケティングブランド「KANADE」の新たなサービスとして、データマネジメントプラットフォーム「RocketFuelOriginDMP」のβサービスの提供を、3月24日に開始した。

 RocketFuelOriginDMPは、マーケティング活動のハブとして、企業が保有するさまざまなデータに加え、Webメディアなどの第三者から提供されるデータ(3rd PartyData)を統合し、潜在顧客から既存顧客まで、属性に応じたセグメントデータを生成する。そして、トリプルメディアやマルチデバイスを通じたキャンペーンを実行し、顧客の属性に合った効果的なメッセージ配信をリアルタイムで行う。さらに、実行したキャンペーンの評価を行うことで、データに基づくPDCAサイクルを実現し、企業のマーケティング戦略の最適化を支援する。

マーケティング戦略の最適化イメージ図

 異なるソースのデータを柔軟・容易に統合管理することで、任意の仮説に基づいた顧客セグメントを作成することができる。また、集積されたデータを自動学習することにより、マーケターが求める顧客セグメントを自動的に生成。チャネルを横断して、顧客セグメントの状態をリアルタイムに管理し、顧客の状況に合わせて効果的なメッセージ配信が可能となる。さらに、さまざまな外部のシステムと連携することにより、企業のマーケティング戦略の実現を強力に支援する。

 同社では、各種データの収集・分析を積極的に進めており、企業の統合的なデジタルマーケティング活動を支援するマーケティングオートメーションサービスの提供を目指す。