京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は1月22日、デジタルマーケティング事業において新ブランド「KANADE」を展開していくと発表した。

 「KANADE」は、「企業と消費者に心地よいコミュニケーションを奏でる」をコンセプトにKCCSが提供するデジタルマーケティングサービスの新ブランド。消費者に心地よいデジタルコミュニケーションを提供するとともに、複雑化するマーケティングのオートメーション化を支援し、顧客のデジタルマーケティングのROI(投資対効果)の最大化を図る。

 同社は、長年培ってきたICT関連技術とデータサイエンスの技術・ノウハウをベースに11年からデジタルマーケティング分野に参入し、自社開発の広告配信プラットフォーム(DSP)やデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を提供している。

 今後は「KANADE」ブランドでDSP・DMPをはじめとするサービスを拡充し、デジタルマーケティング事業全体で初年度30億円の売り上げを目指す。