アイティフォー(東川清社長)は4月9日、西日本事業所を現在の大阪市西区新町2-4-2から大阪市北区梅田3-4-5へ、5月7日に移転すると発表した。

 移転先のビル「毎日インテシオ」は、JR大阪駅から500メートルの好立地にあり、JR、地下鉄、私鉄の各駅と地下道で直結している。新事業所では「セミナールーム」と「ソフトウェア開発プロジェクトルーム」を新たに備え、来社する顧客への製品説明やデモ環境の充実を図るとともに、西日本での開発体制を強化する。

 「セミナールーム」は、東京と大阪を回線でつなぎ、一つの会場としてセミナーを開催できる。大型モニターを介して投影資料と講師映像を同時放映し、双方向での質疑応答に対応する。収容人数はテーブル席で30人(座席のみの場合で50人)。同様の方法でシステムのデモを行うことも可能。

 また、アイティフォーのSEが開発を行う「ソフトウェア開発ルーム」に加え、協力会社スタッフが常駐できる「ソフトウェア開発プロジェクトルーム」を新設する。収容人数は12人。プロジェクトの繁忙期に合わせて協力会社スタッフを自在に増員できることで西日本の開発体制を強化する。

 なお、新オフィスの電話番号は06-7713-2941、FAX番号は06-7713-2954。