ソフトバンクコマース&サービス(ソフトバンクC&S、溝口泰雄社長兼CEO)は、ソフトバンクグループ創業以来のICTディストリビューションのノウハウを生かし、デジタルマーケティングの提案ツールやソリューションが選べる、学べる、購入できるプラットフォーム「Marketing Bank」の提供を、4月13日に開始した。

Marketing Bank サービスロゴ

 「Marketing Bank」は、初期費用不要でサービス利用が可能な月額500円のツールから、最先端のデジタルマーケティングソリューションまで、100種類以上の幅広いラインアップを取り揃えるデジタルマーケティングソリューションのプラットフォーム。幅広いマーケティングソリューションをまとめて比較、購入することができる。提供開始時点で、すでに約70社のサプライヤー企業が参画している。

 これにより、マーケティングツール導入までの人的コスト削減に加え、進化していく最新のマーケティング手法に対応することが可能になる。また、「Marketing Bank」は、個人でも会員登録して利用することが可能で、新たにマーケティング業務を開始する事業担当者や個人向けに、マーケティングを学ぶコンテンツを届けるメールマガジン配信サービスも行う。

 ツールやソリューションを作成・提供するサプライヤー企業は、ソフトバンクC&Sを介して、契約各社との契約や請求を一元管理化することが可能となり、日本全国のマーケティング事業者ごとの契約管理が不要となる。さらに、ソフトバンクC&Sの販売パートナー約1万社を通して、法人向けにマーケティングツールを販売することができ、販路の拡大を図ることができる。