日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、ヴイエムウェア ヴイクラウドサービスが提供するVMwareのパブリッククラウドサービスVMware vCloud Air(vCloud Air)を活用したクラウドインテグレーションサービスの提供を、5月19日に開始した。

 vCloud Airは、パブリッククラウドとしての機能だけでなく、クラウド間でのアプリケーションの移行や連携を自由に行えるハイブリッドクラウドを実現するクラウドサービス。サーバーリソースのほか、仮想ネットワークやセキュリティコンポーネントを備えており、プライベートクラウドとパブリッククラウド双方の管理を共通化した単一の管理ツールにより、仮想マシンの自由な移行やクラウドをまたがったアプリケーションの連携を可能にする。

 NSWでは、クラウドインテグレータとして、自社のマネージド型IaaS「BlueSpider」上での基幹システムクラウド化を中心に、他のパブリッククラウド(Amazon Web ServiceやIDCFクラウドなど)を活用した提案やハイブリッドクラウド導入なども含め、顧客に最適なクラウド環境を提供しており、今後対応クラウドを増やしていく。今回、vCloud Airを活用し、ヴイエムウェアのサーバー仮想化ソフト「VMware vSphere」をオンプレミスで利用する顧客を中心に、各種サービスを提供する。

 vCloud Air インテグレーションサービスでは、vCloud Airを活用した導入支援からアセスメント、システム移行など、要望に応じたオプションを交えてトータルサポートを行う。「ディザスタリカバリ導入サービス」では、既存のプライベートクラウドやオンプレミス環境とvCloud Airを接続し、ディザスタリカバリ環境として提供する。「マルチ環境マネージドサービス」は、既存環境とともに、vCloud Airを活用して新たに構築したハイブリッドクラウド環境を一元管理し、柔軟なオプション内容できめ細かな監視・運用サービスを提供する。