エス・アンド・アイ(藤本司郎社長)は、VMwareとソフトバンクテレコム、ソフトバンクコマース&サービス(ソフトバンクC&S)の3社が、共同出資で設立したヴイエムウェアヴイクラウドサービスを通じて提供するハイブリッドクラウドサービス「VMware vCloud Air(vCloud Air)」を利用する顧客向けに、導入・設計・運用を支援するマネージドサービス「クラウド・マネージドサービス for vCloud Air」の提供を、2月18日に開始した。

 「vCloud Air」は、プライベートクラウドとシームレスに連携する企業向けのハイブリッドクラウドサービス。VMwareが提供するサーバー仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」との親和性が高いという特徴がある。エス・アンド・アイでは、VMware製品を利用した仮想化プラットフォームの設計・構築・運用を長年にわたって手がけており、その技術ノウハウや導入実績をベースに、「vCloud Air」へのクラウド移行や、安心・効率的な利用を「クラウド・マネージドサービス for vCloud Air」を通じて、トータルで支援する。

 現在VMware vSphereを利用している顧客が、システムを「vCloud Air」に移行するケースやオンプレミスとクラウドを並行稼働するケースなどを含め、クラウド移行に最も効果的なシステムの洗い出しやクラウドデザインから構築・運用まで、「vCloud Air」を活用したい顧客に最適なサービスを提案する。

 また、「クラウド・マネージドサービス for vCloud Air」では、「vCloud Air」を利用するための運用のすべてをエス・アンド・アイが代行する。「vCloud Air」の標準サービスには含まれていない24時間365日の監視サービスの提供などをはじめ、より安心して「vCloud Air」を活用するためのサービスメニューを取り揃えている。

 「vCloud Air」を利用するモデルパッケージとして、死活監視のみを行う「監視ベーシックパック」と Webサーバーとデータベースがセットになった「Webサーバーパック」、ファイルサーバー利用のための「ファイルサーバーパック」の3つのパックを用意。企業ニーズに合わせてカスタマイズすることも可能となっている。

 税別価格は、「監視ベーシックパック」が初期費用0円、月額費用3万円(5VM)、「Webサーバーパック」(クラウド運用標準サービス含む)が初期費用22万8000円、月額費用25万円から、「ファイルサーバーパック」(クラウド運用標準サービス含む)が初期費用33万6000円、月額費用25万円から。