双日システムズ(南部匠社長)、エス・アンド・アイ(藤本司郎社長)、レノボ・ジャパン(留目真伸社長)は、シンクライアント導入相当のセキュリティとPCの一元管理を同時に実現するソリューション「ThinBoot PLUS(シンブート・プラス)」の提供を5月27日に開始し、情報漏えい対策などPCのセキュリティ対策を強化したい企業への導入を進めていくと発表した。

 ThinBoot PLUSは、レノボが提供するPCをベースに、エス・アンド・アイが組み込み専用のOS「Windows Embedded」をインストールした端末を利用する。業務で使うアプリケーションは、双日システムズが提供するミドルウェア「Spoon」で仮想化・パッケージ化し、サーバーから端末にネットワークを通じてストリーミング配信しながら、通常のPCと同様の操作感で使用できる。作成した書類などのデータは、端末に保管することができず、あらかじめ指定されたファイルサーバーにのみ保管することができる。

 端末本体には、アプリケーションもファイルも保管されないほか、USBメモリやスマートデバイスの接続制限なども行えるため、高度にセキュアな環境でPCを利用することができる。シンクライアントのようなセキュアな仕組みをもちながら、大規模な予算を必要とせず、PCを導入する費用の約1.2-1.3倍程度で、シンクライアント相当のセキュリティレベルを実現できる。

 また、ThinBoot PLUSでは、すべてのユーザーデータをファイルサーバーで一括管理することになるため、バックアップの一元化が行えるほか、標準で付属する端末の操作ログの収集・保存・分析を行える「MylogStar」を用いて、ログ管理も行うことができる。仮想アプリケーションの配信サーバーに、クラウドを活用するなどの構成も可能で、管理者の負担を軽減することが可能。さらに専用の端末管理ツールで、ソフトウェアのアップデートや使用状況の確認など、端末の一元管理が可能となり、PCの運用管理をさらに効率化することができる。