レノボ・ジャパン(留目真伸社長)は4月9日、ラック型Ethernetスイッチ「Lenovo Rack Switch」の新モデル2機種と、新たなインターコネクト・モジュール「Lenovo Flex System SI4091」を発表した。

 Lenovo Rack Switchの新機種「Lenovo Rack Switch G8296」と「Lenovo Rack Switch G8272」は、いずれもレノボ製のデータセンター向けサーバー/ストレージ用に最適化されたスイッチだ。低遅延の10Gbps/40Gbps・Ethernet接続をサポートするだけではなく、ネットワーク仮想化のプロトコルである「Open Flow」プロトコルや「VXLAN(Virtual Extensible LAN)」プロトコルなどにも(将来的なソフトウェア・アップグレードにより)対応する予定だ。

 一方、「Lenovo Flex System SI4091」は、10Gbps・Ethernetと「FCoE(Fibre Channel over Ethernet)」に対応したインターコネクト・モジュール。ブレード型のサーバー・システムである「Flex System Enterpriseシャーシ」専用に設計されている。同モジュールは、相互接続するデバイス、あるいは個々のポートに関する必要情報を事前に取得し、構成する。そのためユーザーは、設定の手間を簡素化し、管理ポイントの数を削減することができる。また、ブレード型サーバー用のインターコネクト・モジュールとしては低価格であるほか、必要なケーブルを減らし、サーバー・システムの消費電力量を最大30%削減できるポテンシャルを持つ。