アズジェント(杉本隆洋社長)は、企業や組織のネットワークでの甚大なセキュリティ被害が顕在化する前に、発見・対処するセキュリティ・プラス「セキュリティ・ドック」サービスの提供を、6月10日にスポット・サービスとして開始した。

 セキュリティ・プラス「セキュリティ・ドック」サービスは、防御対策を通過した潜伏期間中の脅威を、早期発見・対策するための仕組みをスポット・サービスとして提供するもの。企業や組織に潜伏期間中の脅威があるか否かを、高精度で効率のよい「DAMBALLA Failsafe」を監視/解析ツールとして使用し、被害が顕在化する前に診断と対処の指針を提示する。

 具体的には、アズジェントがDAMBALLA Failsafeアプライアンスを、顧客の環境に設置し、構内のネットワークトラフィックをミラーポートで受けて監視する。そこで検出された疑わしい兆候から、端末ごとの挙動を綿密に分析して「捜査」を進める。捜査の結果、判定の根拠となる証拠情報(アクセス先情報、アクセスの結果、パケットキャプチャファイルなど)をそろえた上で、脅威が潜む感染端末を特定する。次に、感染内容を指摘するとともに、取るべき対処の指針を提示する。

 診断結果は、1か月間で提出する。DAMBALLA Failsafeは、長い間「振る舞い」を学習しなければ対処できない検知方法ではないため、潜伏中の脅威によっては、サービス開始直後から脅威を早期発見することができるという。

 税別価格は75万6000円から(500ノード以下の環境/監視期間1か月の場合)。同社では、初年度で5億円の販売を目標にしている。