セキュアソフト(姜昇旭社長)とアズジェント(杉本隆洋社長)は、5月8日、増加するサイバー攻撃に対する防御を目的に、セキュアソフトが提供する侵入防御システム「SecureSoft Sniper IPS」の運用監視サービスで協業すると発表した。

 「SecureSoft Sniper IPS」は、高い検知率とパフォーマンス劣化が少ないアプライアンスであること、管理画面が日本語で操作がしやすいことから、公共システムをはじめ多くの組織で利用されている。一方、アズジェントは、自社のセキュリティノウハウを集約した「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」を提供。エンドユーザーのセキュリティ機器を専門のアナリストが24時間365日運用監視し、セキュリティインシデントが発見された場合には、相関分析を実施、イベントの内容と必要なセキュリティ対策を提案する。

 協業によって、「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対応デバイスとして、新たに「SecureSoft Sniper IPS」を追加。セキュアソフトは、「SecureSoft Sniper IPS」のユーザーに「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」を提供することで、アズジェントの専門アナリストによる24時間/365日の監視サポートと最新のサイバーセキュリティ情報、豊富な経験にもとづく運用ノウハウをサービスとして提供する。またアズジェントは、自社のコンサルティングサービスで、IPSが必要と判断した顧客に対して「SecureSoft Sniper IPS」の推奨製品として提案していく。

 今後、セキュアソフトとアズジェントは、市場に対して、さまざまな共同プロモーションを展開していく。