ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、セキュアなリモートアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Gateway」のファイルサーバーオプション「Soliton SecureFile」を、7月6日に発売した。

 Soliton SecureFileは、既存ファイルサーバーを社内外を問わず、Windows/Mac/iOS/Androidから閲覧を可能にするゲートウェイアプライアンス。既存環境に設置するだけで、いつものWindowsユーザーアカウントでファイルサーバーにアクセスし、Webベースでファイル・フォルダ一覧を表示することができる。Soliton SecureBrowser/Gatewayとの連携により、さまざまな端末から場所を問わず、ファイルサーバーをセキュアに利用できる。

Soliton SecureFile 構成イメージ

Soliton SecureFile 画面イメージ


 Soliton SecureFileでファイルサーバーからダウンロードしたデータは、Soliton SecureBrowserの暗号化領域内に一時的に保存され、内蔵のファイルビューアで閲覧が可能。データはログアウトやタイムアウト時に消去されるため、情報漏えいリスクを最小限に抑えられる。また、CIFSプロトコルでアクセスが可能なため、Windowsだけでなく、UNIX系OSやIaaS上のファイルサーバーでも閲覧でき、また大企業での利用が多い分散ファイルシステム構成(DFS)に対応するなど、企業ファイルサーバー環境に合わせた機能を提供する。

 税別価格は100万円。初年度センドバック保守が含まれる。