ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、5月29日、ワークスタイル変革を加速する実証実験として、4月1日から6月30日を移行期間とし、全社員約2300人のPCを会社貸与からBYOD(私物情報端末の業務利用)に切り替えると発表した。

 ネットワンシステムズでは、2010年から仮想デスクトップを一部社員に対して展開を開始し、13年の本社移転を機に全社員に拡大導入することで、私物PCでもセキュリティを担保して業務ができる環境を整備している。14年4月からは、BYODを推進するために、会社貸与のPCを返却して、私物PCだけで業務をする社員に、支援金として月額2000円を支給してきた。

 そして今回、ワークスタイルの変革をさらに加速するために、社員に15万円を特別賞与として支給し、業務用PCを会社貸与からBYODに切り替える。これによって、会社管理のPCの減少によるコスト削減と、社員の生産性・セキュリティ向上を、全社規模で実験・実践する。今後は、このBYOD全社展開によるワークスタイル変革の知見・ノウハウを、顧客への提案に還元していく

移行前と移行後の画面イメージ

 このほか、同社ではワークスタイル変革の取り組みとして、成果を約束すれば全社員が回数の制限なく利用できるテレワーク制度やフレックス制度の導入、本社をはじめとした主要拠点全域の無線LAN化やフリーアドレス化の実施、また、ビデオ会議システムや各種コラボレーションツールなどの導入を図っていく。これらにより、いつでも・どこでも・誰でも・どんな端末でも安心・安全に業務が進められる環境を構築し、社員の生産性向上とワークライフバランスの両立を図っていく。