アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、顧客自身でつくり込める経費・旅費精算ワークフロー製品「ECOAS for IM-BIS」を、NTTデータイントラマート(イントラマート、中山義人社長)が提供するエンタープライズ向けクラウドサービスAccel-Martに対応し、「ECOAS on Accel-Mart」として7月10日に発売した。

 ALSIの「ECOAS」シリーズは、約4000社以上の導入実績があるイントラマートのシステム基盤型ワークフロー「intra-mart Accel Platform」に対応した業務改革ソリューション。アプリケーションのプログラミングやコーディングの必要がなく、カスタマイズなどで対応していた画面開発やワークフローの変更など、システム拡張機能も顧客自身で変更することができる。また、価格体系も従来のユーザー数課金ではなく、リソース課金となり、顧客の利用に合わせて選択することができる。

 今回のECOAS on Accel-Martでは、イントラマートのクラウドサービスAccel-Martに対応することで、短納期・低コストでの提供を実現する。クラウド上で展開するECOAS on Accel-Martによって、活用シーンはさらに拡大し、顧客の業務効率向上やビジネスの加速化を支援する。

ECOASの活用シーン(イメージ)

 価格は、Tiny(100人程度)が月額6万円、Small(300人程度)が月額10万円、Medium(700人程度)が月額14万円、Large(1000人程度)が月額18万円。