オージス総研(西岡信也社長)は、オープンソースをコアとした統合認証ソリューション「ThemiStruct(テミストラクト)-WAM」の新バージョンの提供を、7月14日に開始すると発表した。

 今回のバージョンアップでは、アカウント登録の簡便化を支援する機能としてソーシャルログイン対応を、セキュリティを強化する機能としてリスクベース認証とインベントリ認証を追加した。

 ソーシャルログイン対応では、FacebookやGoogleなどのソーシャルアカウント(OpenID Connect1.0準拠のIdPに対応)でログインが可能となった。これにより、ユーザー登録に必要な情報の一部またはすべてをソーシャルアカウントに登録したものを使って自動設定できるため、サービスの会員登録率、ログイン率を高めることが可能となる。

 リスクベース認証では、ユーザーがシステムを使用する環境に関する情報である、時間帯、ネットワーク(IPアドレス)、デバイスなどの情報から通常のアクセスパターンに合致した利用か否かを判定する。正規ユーザーではないと疑われる場合にだけ、追加認証を要求するなど、リスクに応じた認証方式の変更が可能となり、ユーザーの負担を最小限に、サービスの安全性を高めることができる。

 インベントリ認証では、ユーザーが使用している端末の固有情報を用いて認証を行う。電子証明書と端末の固有情報を紐付けることにより、電子証明書をダウンロードした端末にだけ利用を限定することができ、未許可端末からのアクセスを予防することができる。また、パスワード+使用デバイスによる“証明書認証の代替”や、デバイス内の構成が変更されたことを検出することで、認証方式を切り替える“高度なリスクベース認証の実現”など、より強固な不正アクセス対策が可能となる。