エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、7月21日、米インテルコーポレーションが提供するHPCクラスターシステム向けファイルシステム「インテル Enterprise Edition for Lustre Software(インテル EE for Lustre Software)」を発売すると発表した。

 「インテル Lustre Software」は、LinuxベースのHPCクラスターシステム向けのファイルシステム。今回のインテル EE for Lustre Softwareは、オープンソースをベースとしたLustreを商用バージョンとして最適化したLustreを提供し、HPCクラスのコンピューティングのキーストレージやデータ・スループットに対応している。

 大規模組織から小規模組織に向け、エンタープライズ・プラットフォームとして、Lustre並列ファイルシステムのパフォーマンスと拡張性を提供する。また、大規模で高帯域幅なストレージを必要とするビジネスでは、Lustreのパワーと拡張性を活用でき、さらにエンタープライズ・レベルのサポートを提供する。

 価格は問い合わせ。Object Storage Servers(OSS)ベースで、OSSに対して1ライセンスが必要となる。