エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、SmartBear Software社のソフトウェア自動テストツールの新バージョン「TestComplete 11.0」を、7月21日に発売した。

 TestCompleteは、デスクトップアプリケーション、Webアプリケーション、モバイルアプリケーションのGUIテストの自動化を実現するツール。ユーザーのキー操作、マウス操作を記録して、テストシナリオを自動生成し、ソフトウェアテストを自動化することで、繰り返しのテストでの工数を削減し、短期間で高品質なアプリケーションの提供を可能とする。

 新バージョンでは、主要なソース管理システムとの統合の強化、Visual Studio 2015、RAD Studio XE8のサポートなど、関連するツールとの連携を強化した。また、Windows 10 Insider Previewをサポートし、最新のPythonスクリプト言語をビルトインでサポートしている。このほか、SCC APIに基づいたソース管理システム(Visual SourceSafe、ClearCase、CVSなど)をサポートする。

 税別価格は、「TestComplete 11 Platform ノードロック」が15万円、「TestComplete 11 Desktopモジュール ノードロック」が15万円、「TestComplete 11 Webモジュール ノードロック」が15万円、「TestComplete 11 Mobileモジュール ノードロック」が19万5000円、「TestExecute 11 フローティング」が7万5000円。製品には、1年間のメンテナンス(技術サポートとアップグレード)が含まれる。