ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、HAクラスタソリューション・パッケージ製品の最新版「MIRACLE CLUSTERPRO X 3.3」を7月30日に発売した。

 「MIRACLE CLUSTERPRO X」は、NEC製「CLUSTERPRO X」とミラクル・リナックスの最新Linux OS「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP4」を組み合わせたパッケージ製品。今回の最新版では、Microsoft AzureやAmazon Web Servicesといったパブリッククラウド向けの設定がGUIで実現できるほか、SSD構成での書き込み性能を向上している。

 NECの「CLUSTERPRO」は、システムの障害を監視し、障害発生時には健全なサーバーに業務を引き継ぎ、高可用性を実現するHAクラスタリングソフトウェア。障害対策から災害対策、計画メンテナンスでも効力を発揮し、顧客の抱える課題を解決する。最新Linux OSに対応したMIRACLE CLUSTERPRO Xの提供により、顧客は利用できるハードウェアの選択肢が広がるとともに、障害・災害時やメンテナンス時などのシステム停止でもさらに安全に業務継続を実現することが可能となる。

 なお、シングルサーバーの可用性向上を実現する「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 HA」の最新版も同時に発売している。

 税別価格は、「MIRACLE CLUSTERPRO X(MIRACLE LINUX V6)[2CPU/2VM]」が60万円、「MIRACLE CLUSTERPRO X(MIRACLE LINUX V6)ノード追加[1CPU/1VM]」が30万円、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 HA[1CPU/2CPU]」が9万円、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 HA[2CPU/2VM]」が13万5000円。