ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、5月12日、OSS運用統合ソフト「Hatohol」を機能拡張し、他システムとの相互接続性を向上するインターフェースの開発を開始したと発表した。

 2013年6月にOSSとして公開された「Hatohol」は、OpenStackによるOSSクラウド環境の利用促進の実現に向け、さまざまな機能拡張が行われてきた。14年12月にリリースの「Hatohol 14.12」からは、OpenStack環境との連携機能が実装されている。ミラクル・リナックスでは、クラウド利用のメリットを最大限に引き出すには、複数のクラウド環境を統合的に集約、可視化し、効率よく適切な運用管理を行っていく必要があるという考えのもと、15年から「Hatohol」と他システムとの相互接続性を向上するインターフェース「HAPI(Hatohol Arm Plugin Interface)」の開発に着手した。

 また、ミラクル・リナックスは、経済産業省情報処理振興課が公募した「平成27年度中小企業等省エネルギー型クラウド利用実証支援事業(クラウド基盤ソフトウェア導入実証)」での「物理環境と仮想環境の統合的な監視の実現」のテーマに係る補助事業者として採択された。「Hatohol」がクラウド運用の課題解決を行う有用なソリューションである評価と支援を受け、「HAPI」の開発による他環境との連携拡大を通じて、クラウド利用のさらなる普及・促進を目指す。