OSK(宇佐美愼治社長)は、8月18日、幅広い顧客の要望に柔軟に対応し、運輸業に必要な業務全般をカバーする「SMILE BS 2nd Edition トラックスター Rel.3(SMILE BS2 トラックスター Rel.3)」を、9月17日に発売すると発表した。

 「SMILE BS2 トラックスター」は、運転日報の入力情報から、売上・傭車料・経費の管理や車両、運転者の実績管理を可能とする製品。今回の新バージョンでは、これまで提供してきた業務処理全般の機能に加え、要望が多かった「デジタコ連携機能」を搭載した。これによって、取り込んだデータを活用した分析帳票の作成や、利用中のデジタコデータに合わせた設定も可能となり、オペレーターの負荷軽減とともに、適切な勤務状況の把握を実現する。

 また、価格競争への対応として、得意先だけではなく傭車先に対しても詳細な運賃設定機能を搭載。さらに、請求明細書の再発行や出力項目の設定をはじめとした顧客の要望を多数取り込み、より使いやすい機能を拡充している。

デジタルタコグラフ連動イメージ

 税別価格は、スタンドアロン版(DB付き)が90万円、LAN版(DB付き)が120万円から。