エディックワークス(栗田浩樹社長)は、受注センターのためのクラウドFAX「isana(イサナ)」に新たな機能を加え、9月30日にバージョンアップを実施した。

 isanaは、FAXの受注業務を自動でペーパーレス化し、注文対応や管理・情報共有を簡単操作でセキュアに効率化するクラウドFAX。FAXの自動振り分け機能や自動返信機能を標準搭載し、低価格で提供する。今回のバージョンアップでは、FAXの送受信履歴やログインログをデータ出力する際、日付の昇順/降順が選択できるようになった。データ出力後の業務管理を、よりスムーズに進めることが可能となる。

 また、複数ページの受信FAXを確認する際、指定したページへの移動が簡単にできるようになった。ページ送り時間を大幅に短縮し、注文書FAXの確認や処理時の業務効率化を支援する。