ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、10月20日、米VeloCloud Networksと国内初のサービスプロバイダ契約を締結し、クラウド管理型のSD-WAN(Software-Defined WAN)サービスを、10月30日から販売すると発表した。

 新サービスは、2本のインターネット回線を仮想化して1本の論理ネットワークにし、利用するアプリケーションに最適な回線をリアルタイムで自動選択することによって、インターネット回線上で閉域網WANサービスと同等性能の論理WANを実現する。

リアルタイムでの自動的な通信最適化のイメージ

 さらに、2本の回線を束ねていることで冗長性も向上し、拠点間を自動的にIPsec-VPN接続することでセキュリティを担保している。また、拠点に置く専用端末の設定入力・変更などの管理・運用はクラウド経由で行うことができ、現地での操作は不要となる。

 同サービスの導入企業は、閉域網WANサービスと比べてICTシステムのレスポンスを向上できるとともに、WANのコスト・開通時間・運用負荷も大幅に改善することができる。

クラウド管理型SD-WANサービスの構成要素と利用イメージ

 税別価格は、専用端末買い取りの場合、最大速度50Mbpsモデルが初期費用15万円、月額9800円、最大速度100Mbpsモデルが初期費用25万円、月額1万3000円。専用端末レンタルの場合、最大速度50Mbpsモデルが初期費用3万円、月額1万5000円、最大速度100Mbpsモデルが初期費用3万円、月額1万9800円。同社では、3年間で8億円の売り上げを目標としている。