ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)、エナジー・ソリューションズ(ESI、森上寿生社長)、サイバートラスト(CTJ、眞柄泰利社長)、ユビキタス(UBQ、佐野勝大社長)は、10月29日、セキュアIoTプラットフォームの開発・構築とサービス化を共同で実施することに合意したと発表した。

 今回の共同事業で、SBT、ESI、CTJ、UBQの4社は、それぞれがもつ知見、経験と技術を生かして、スマートなIoTデータの接続とデータ収集、デバイスや利用者、サービスの認証、より効率的なクラウド環境の構築とビッグデータ解析といったシステム面と、IoTデータを事業で利活用するためのユーザー的見地を合わせて、安心、安全にIoTデータを扱える「セキュアIoTプラットフォーム」を共同で提供することを目標に協業を推進していく。

各社の役割

 10月19日には4社合同で、ソーラーモジュールなどの検査対象物を、カメラを搭載したドローンを用いて検査する検査システムと検査方法に関する特許を出願しており、セキュアIoTプラットフォーム共同事業の第一弾として、太陽光発電所保守メンテナンスの義務化を前に、ソーラーモジュール検査サービスの提供に向けて開発を進めている。 

ソーラーモジュール検査サービスの全体イメージ

 今後は、デジタルビジネスを加速させるIoT分野の事業展開だけでなく、事業法人の設立も視野に、さまざまなIoT分野におけるサービス開発と事業を検討していく。