日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、東海大学情報通信学部組込みソフトウェア工学科(山田清志学長)の撫中達司教授の研究チームによるスマートシティ実現に向けた取り組みの一環として、ゴミ収集の効率化を検証するためスマートゴミ箱BigBelly Solarを同校キャンパス内に設置し、1月21日に実証実験を開始した。

東海大学高輪キャンパスに設置された「BigBelly Solar」

 BigBelly Solarは、太陽光発電機能を備え、そのエネルギーによる通信機能を搭載したCO2を排出しない環境配慮型ゴミ箱。IoT技術を活用し、携帯電話網を通じてゴミの蓄積状況をリアルタイムで発信する機能により、収集頻度や人員配置、ゴミ箱配置の最適化など、収集作業を効率化しコスト削減を実現する。

 撫中教授は、「BigBelly Solarは、ゴミ箱がネットワークにつながることにより、ゴミ収集に関わる運用全般がどのように改善でき、どのような効果をもたらすかを体現できるIoT事例と認識している。当研究室では、家電製品などの組み込みソフトウェアを通じて、“モノ”のモニタリング、制御から自立に至るまでを研究のテーマとしており、今回の実証実験がゴミの収集効率化以外の視点でも社会にどう役立てるのか検証し、今後の研究テーマの参考になればと考えている」と述べている。

 NSWでは、機器の提供と検証環境構築の支援を行っており、同大学と共同で検証結果を自治体や教育機関に公表するとともに、今後もスマートシティの実現に向けてIoT技術を活用した取り組みを行っていく考え。