ニフティ(三竹兼司社長)は、クララオンライン(家本賢太郎社長)と共同で提供している中国国内向けクラウドサービス「鴻図雲(ホンツーユン)」に、これまでの日本語版と英語版に加えて、中国語版のコントロールパネルの提供を1月25日に開始した。また、「ニフティクラウド」でも、英語版と中国語版のコントロールパネルの提供を開始した。

 鴻図雲は、ニフティクラウドと同等のサービスを中国でも利用できるよう、クララオンラインがもつ中国ビジネスのノウハウとニフティのクラウド提供基盤を組み合わせたパブリッククラウドサービス。中国でのインターネット接続性の向上、従量課金による価格の最適化、環境の違いに対する技術面とビジネス面での運用サポートを充実させることで、企業利用にも耐える高い品質を実現している。

 今回、中国語を母国語とするユーザーにも、より快適に「鴻図雲」のコントロールパネルを使ってもらえるよう、中国語に対応した。あわせて、ユーザーインターフェースを刷新し、最新のニフティクラウドと同じフラットデザインを採用したことで、さらに直感的な操作が可能となった。

 また、日本と米国でリージョンを展開するニフティクラウドでも、海外からのニーズが増加していることを受け、英語版と中国語版のコントロールパネルの提供を開始した。

鴻図雲中国語版コントロールパネルのイメージ画像

ニフティクラウド英語版コントロールパネルのイメージ画像

ニフティクラウド中国語版コントロールパネルのイメージ画像