ソラコム(玉川憲社長)は1月27日、同社にとって初のカンファレンスを開催した。テーマは、“Connected.”。IoT向け通信プラットフォームを提供する立場から、さまざまな「モノ」がつながる世界を来場者に伝えた。

玉川憲社長
 基調講演には玉川社長が登壇。「IoT つながるその先へ」と題して同社の事業や強みなどを説明したうえで、IoT向け通信プラットフォーム「SORACOM」が「リリース4か月で、すでに1500社以上のユーザー企業と販売パートナーに利用してもらっている」とアピールした。

展示会場ではパートナー企業が製品・サービスを披露

 また、SORACOMの新サービスとしてネットワークセキュリティ強化が可能な「SORACOM Canal」と「SORACOM Direct」、認証サービス「SORACOM Endorse」、クラウドリソースアダプタサービスである「SORACOM Funnel」の四つを発表した。さらに、SORACOMの再販が可能な「SORACOM リセラープログラム」も発表。すでに、アイレット、クラスメソッド、サーバーワークス、ハンズラボ、日立製作所の5社が提供開始時点でパートナーになったことにも触れた。

カンファレンスではユーザー企業によるパネルディスカッションも

 このほか、トヨタ自動車の藤原靖久・e-Toyota部部長やJapan Taxiの川鍋一朗社長、ガリバーインターナショナルの許哲・執行役員CIO、自動車関連業界のキーマンが登壇したパネルディスカッションを実施。カンファレンスには、懇親会を含めて500人超が参加した。(佐相彰彦)