アプレッソ(小野和俊社長)は2月19日、データ連携ソフトウェアの最新バージョン「DataSpider Servista V4」を2月24日に発売すると発表した。

 DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、すばやく簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェア。今回の最新バージョンでは、各IoTサービスとの連携機能の強化、クラウドサービスをハイブリッドに活用できる接続アダプタの拡充、IoT連携に求められる大容量データの高速処理機構などを実装した。

 また、ITをより効果的に活用できるエンドユーザーコンピューティング(EUC)を支援する機能を強化し、IoT連携プラットフォームに必要な機能を提供する。さらに、引き続きIoT時代のデータ連携ツールとしての機能強化を進めるため、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureとの連携機能の強化などを予定している。