クオリティソフト(浦聖治代表取締役)は3月7日、ぜい弱性検出型クライアント管理クラウド「ISM CloudOne」が、オリックス・レンテック(岡本雅之社長)のソフトウェアをレンタルPCへインストールして提供するサービス「ソフトウェアレンタルプログラム」で「Symantec Endpoint Protection with ISM CloudOne」として提供を開始されたと発表した。

 ISM CloudOneは、毎日更新される「セキュリティ辞書」により、クライアント端末のぜい弱性を自動的に発見し、パッチを適用するなどの是正を行うことで、PCを理想的なセキュリティ状態に維持する。PCのセキュリティ維持に有効な、リモートコントロール機能やソフトウェア配布、ソフトウェア起動制御機能も利用できる。

 今回、オリックス・レンテックが提供したSymantec Endpoint Protection with ISM CloudOneは、「Symantec Endpoint Protection」でのウイルス対策やスパイウェア対策に加え、これまでカバーできなかった端末自身のぜい弱性対策も実施し、より高い次元のセキュリティ対策を実現する。また、ISM CloudOneは、ウイルス対策ソフトのパターンファイルの更新状況も診断することができるため、Symantec Endpoint Protectionの効果も最大化することができる。