オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)とサイダス(松田晋代表取締役)は、人材の“情報化”と“見える化”を実現するクラウドサービス「OMSS+ 人材情報化サービス」を5月10日に発売した。

 OMSS+ 人材情報化サービスは、社員の顔や名前といった基本的な情報に加え、スキルや経歴・過去の評価などの人材情報を一元管理(人材の情報化)し、ロケーションを問わず人材情報を参照・活用(見える化)することが可能なクラウドベースのシステム。人材情報を社員自身が更新することにより、常に最新の状態に保つことができる。また、社員全員が使うシステムのため、人事・総務部門以外の管理者による人材情報の活用も可能となる。

 OBCの人事管理システム「人事奉行」のほか、社員一人ひとりに合った育成プランの作成や適材適所を実現する「OMSS+ 人材育成サービス」、社員の目標達成支援や人事考課業務の効率化を図る「OMSS+ 目標管理サービス」と連携することで、人事業務から人材活用までを一気通貫で行うことが可能。これにより、OBCが以前から取り組んでいる業務生産性の向上に加え、人材マネジメントの効率化、社員のパフォーマンス向上など、企業全体の生産性向上を実現する。

 税別価格は、年額15万円から。