富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)は6月10日、「FUJITSU Sustainability Solution Eco Track(SaaS型環境経営情報サービス)」(Eco Track)が、情報サービス産業協会(JISA、横塚裕志会長)主催の「JISA Awards 2016」で、Winnerを受賞したと発表した。

 Eco Trackは、海外・関係会社を含む企業グループ全体の環境・CSRに関する情報を効率的に収集し、管理を行うソリューション。富士通FIPが開発し、富士通と富士通FIPの両社が販売している。温室効果ガス(GHG)の排出量集計、環境効率評価などグローバル企業の環境経営を支援するソリューションとして、組織や収集内容の変化に柔軟に対応可能なインターフェースやウェブ画面入力に加え、Excelファイルの取り込みも可能な入出力機能、日本語・英語・中国語の標準対応、通貨や単位の変換など、豊富な機能を実装している。

 JISA Awardsは、JISA会員のなかから、独創性が高く、国際的に通用するシステムの創造者を表彰する制度。情報サービス産業の存在感と重要性を広く社会に情報発信していくための方策として、11年度に制度が創設され、今回で5回目となる。

 今回の受賞は、Eco TrackがJISA Awardsの対象とする「独創性が高く、国際的に通用するシステム」として評価されたもの。今後も富士通FIPと富士通は、Eco Trackの提供を通じて、顧客の環境経営の推進を支援していく考え。