週刊BCNは、「今しかできない!Windows 10の提案方法~ユーザーをその気にさせる移行ソリューション」と題したセミナーを7月4日に開催する。AOSデータ、ワンビ、アイキューブドシステムズの3社が共催。

 無償アップグレードの提供によって、Windows 10はコンシューマに異例の速さで普及している。Windows 10の新機能を最大限に生かしたノートPCもメーカー各社から登場している。一方、企業ではOSのサポート終了ぎりぎりまで既存のPCを活用する傾向にある。「現在使用中のシステムが動かなくなる」「まだ使える」など、理由はさまざまだが、解決策やリプレースのメリットを説明できれば、SIerにとってはビジネスチャンスにつながるといえる。そこでセミナーでは、Windows 10を提案するためのノウハウなどを紹介する。

 セッション1は「データ移行で業務効率Up!コストDown!『ファイナルパソコン引越しenterprise』」を題材に、AOSデータの担当者が講演。セッション2では、「セキュリティの為だけでも、Windows 10にすべきだ!~モバイル活用のノウハウを教えます~」と題してワンビの加藤貴社長が登壇する。セッション3では、アイキューブドシステムズの講演を予定している。


日時■7月4日(月)14:00~16:20
    (受付開始は13:30~)
場所■山王健保会館
    (東京都港区赤坂2-5-6)
定員■50人
参加費■無料(事前登録制)
対象■SIerやディストリビュータなど
共催■AOSデータ、ワンビ、アイキューブドシステムズ

お申し込みはこちら