ネットワールド(森田晶一社長)は6月27日、南総通運(中村隆則社長)が、情報セキュリティ強化プロジェクトで、ネットワールドが提供する統合セキュリティアプライアンス「FortiGate」、セキュアメールアプライアンス「FortiMail」、未知の脅威に対抗するサンドボックス「FortiSandbox」を採用し、本番稼動を開始したと発表した。

 南総通運は、標的型メール攻撃の悪質化・巧妙化により、社員への注意喚起などでは情報の安全性を十分に保つことができないと判断し、今回のプロジェクトに着手した。南総通運では、すでに「FortiGate-110C」をファイアウォールとして導入していたが、今回のプロジェクトでは、Fortinet製品に限らず、他社製品も含めて比較検討した。その結果、メールに特化したサンドボックス機能が提供されている点を評価し、Fortinet製品を選定した。また、ファイアウォールやメールアプライアンスを同じFortinet製品で統一することにより、セキュリティ運用管理の一元化・効率化を図ることができる点も評価したという。

 コスト面では、ファイアウォール、メール、サンドボックスの三つの機能をすべて物理アプライアンスで実装すると予算をオーバーしてしまうことが懸念されたが、ネットワールドの情報提供と提案により、FortiSandboxの機能を、Fortinetが運営するクラウドサービス「FortiCloud」で利用することで、サンドボックス部分単体については当初予算の約10分の1、システム全体でみても約3分の2程度にコストを低減している。

 システムの構築・サポートは、ネットワールドのパートナーであるリコージャパン(松石秀隆社長)が担当。ソリューションの選定やオンプレミスとクラウドの切り分けなどについては、数多くのメーカーと強いリレーションをもつ、ネットワールドの情報力が高く評価された。

 南総通運では、今回のセキュリティプロジェクトに続いて、今後、クライアントの仮想化やモバイルの活用など、さまざまな取り組みを検討している。