ネットワールド(森田晶一社長)は6月23日、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャの一括サポートサービスの提供を開始すると発表した。

 新サービスは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャを構成するハードウェアやソフトウェアをはじめ、その上で稼働するアプリケーションも含めてネットワールドが一括サポート窓口となり、障害受付や技術的なサポート支援を24時間365日対応で提供する。

 その第一弾として、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ「VCE VxRail」上で「VMware Horizon」を稼働させる仮想デスクトップ・インフラストラクチャ(VDI)システムを対象として、VCE VxRailとVMware Horizonの一括サポートサービスの提供を7月1日に開始する。VCE VxRailは、シンプルにアプライアンス1台からスタートして、1ノード単位で追加が可能で拡張性にすぐれていることから、VDIを展開するには最適で、スモールスタートして、数十台、数千台の大規模なVDI環境を構築、拡張することができる。

 ネットワールドでは、今回提供するVMware Horizonとの一括サポートサービスに続き、「VMware NSX」や、OpenStackをVMwareベースのインフラストラクチャ上に展開する「VMware Integrated OpenStack(VIO)」など、ニーズの高いVMwareソリューションをはじめ、Citrix XenDesktopやMicrosoft Virtual Desktop Infrastructureなどにも順次対応し、顧客に総合的なハイパーコンバージド・インフラストラクチャ一括サポートサービスを提供していく予定。

 税別参考価格は、24時間365日対応10インシデント制で100万円。